2011年01月16日

サラリーマンのメリット

サラリーマンには、安定した収入や定期的な
休日があります。

・銀行融資が受けやすい
・休日を利用して副収入が得られる

など

これは大きなメリットです。
posted by なわたろう at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

優秀なリーダがいる組織は楽しい

サラリーマンなどの組織は、優秀なリーダの元だと楽しい
ものです。

残念ながら日本では少ないですが。

今までみたいに誰でも経験を積めばなれるというものでは
なくなり、選別される時代になっています。

これからのリーダは大変です。

しかし、優秀なリーダの元で活動する組織は最高です。

日本にもそういうリーダが増えてくれば、サラリーマンも
楽しいはずです。
posted by なわたろう at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

会社には、給料ではなくスキルを求める

起業する人は、働くことに対する考え方がまったく
違うようです。

凡人は給料を求め、天才は学びを求めます。
そうすることで、仕事を楽しんでできるのです。

夢を実現するために、仕事でスキルを得ようとして
必死に頑張ります。

夢があると、いきいきします。

起業したい、独立したいと思っている方は、目先の
給料ではなく、スキルを覚えましょう。

私はネットワーク系の仕事をしていますが、本知識
はこれから時代絶対に必要です。

ネットを使った仕事は個人でもできるため、将来が
非常に有望です。

不動産だけでなく、ネットビジネスもいつかしたいと
思っています。
posted by なわたろう at 10:43| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヒット商品はマーケティングから生まれる

製造業はよくボトムアップでアイデアを出せとか
ネタがないとかよく言っている上司を見ます。

そりゃ〜でる分けないでしょう。
市場にしか答えがないのですから。

会社は顧客の満足を得るためにやっている訳で、
好きなものを作っても売れません。

これが原則です。

ですので、徹底的にマーケティングを調査し企画
を固めないと失敗します。

日本はこれが弱いです。

アップル社なんかがいい例でしょう。
posted by なわたろう at 10:42| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人前で上手く話せるコツ、実はブログも貢献

サラリーマンに限った話ではないですが、人前で話す
機会が人生では多々あるかと思います。

人前で、上手く話せるにはどうしたらよいのでしょうか。
大丈夫、最初から上手く話せる人なんていません。

それは、頭の中で整理して話すイメージトレーニング
をすることが重要です。

最初はストーリーのポイントを紙に書いて、見ながら
話していき、なれてきたら紙を見ずに、頭の中で何度
も繰り返し話してみましょう。

ポイントは全てを暗記するのではなく、全体の構成と
キーワードを意識することが重要です。

万一、忘れても前後の関係やキーワードから上手く
話がつなげられるくらい練習しておきましょう。

こういった訓練を積み重ねていくうちに、人前で話す
ことが上手くなります。

ブログなんかは毎日書くことで話の構成力を鍛える
のに最適です。
posted by なわたろう at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラリーマンは怒られるのが仕事

サラリーマンで悩んでいる方は多いと思いますが、
気が楽になる方法を教えます。

サラリーマンは怒られるのが仕事だと思うことです。

どうせ、起業もできない勇気のない上司に怒られる
だけですから、軽く流せばいいのです。

まともに相手にするから大変なのです。
ある程度割り切りが必要です。

そうすれば、気が楽になりますよ。

あとは、私がやっているように、不労所得で上司の
収入を超えることです。

ビジネスの感性も養えますし、実際に自分のお金で
やっている訳ですから、会社のお金で動いている
上司より偉いはずです。

もっと楽になりますよ、きっと。
posted by なわたろう at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サラリーマンに求められる2つの力

現代のサラリーマンに求められるのは、2つの力では
ないかと思っています。

1.フィナンシャルリテラシー
2.専門力(頭ではなく、実際に手を動かせる力)

1.は今の仕事でどれだけの利益を生み出しているかを
考える力です。

今の日本では利益を出すの難しいです。
そこを打破して会社にプラスを生み出す仕事を真剣に
考えないと自分の給料はもらえません。

次に重要なのが、2.ですが、いざ仕事ができたとしても
実際に自分でやり遂げる力がないといけません。
特に今の日本は外注している余裕はありません。

自分でやりましょう。

ベンチャーでは社長自ら動くというのは当たり前ですが、
これからはサラリーマンももっと動かないといけません。

これらを積み重ねていけばいつかは自分の会社を経営
できるかと思います。
posted by なわたろう at 10:41| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

組合、会社、国は当てにならない

組合、会社、国は当てにならない時代です。

戦後もそうでした。
そういう時代の人たちは自立心が強いです。

自分たちで開拓してビジネスを構築しました。

今の時代は状況は違えど国の財政が厳しく
戦後同様当てにはできません。

自立できるように何かをする必要があります。

会社にいながら、小さくビジネスをはじめて
みてはいかがでしょうか。
posted by なわたろう at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

起業家サラリーマン

これからの時代、生き残れるサラリーマンは、
誰かを考えてみました。

15年後くらいには、中国・インドより給料が下
になる時代です。

また、優秀な人の数は数え切れません。
今の日本レベルのモノやサービスは十分に
提供可能になるでしょう。

つまり、今までみたいにただ言われたことを
やればいいという職人はいらなくなるでしょう。

職人は仕事があってなんぼです。
しかし、今は仕事そのものがありません。

これからの時代、日本では事業を起こせる
起業家サラリーマンが生き残れるでしょう。
posted by なわたろう at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一人一人が経営者の時代へ

今日本は非常に厳しい状況に立たされています。

サラリーマンも今までと全く異なります。
会社に依存し会社の言うとおりにしか動かない
サラリーマンはいらなくなります。

つまり、一人一人が経営者の考えをもたなければ
なりません。

経営者の視点であれば、何が無駄で何が有益か
を常に考えます。

その積み重ねが、企業を強くします。
あなたの行動は、経営の観点からどうですか?

考え直しましょう。
posted by なわたろう at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | サラリーマン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンク集

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。